ボトックス注入で蘇るあの頃の私|ツヤ肌で若さチャージ

女性

顔や体の悩み解決に効果的

キレイになりたい人に

女性

ボトックスとは、ボツリヌス菌が作り出す毒素を大幅に弱めたものであり、美容クリニックでさまざまな用途に利用されている成分です。主な働きとして筋肉の動きを弱めるというのが特徴的であり、シワの施術として有名です。年齢とともに顔にあらわれるシワには大きく分けると二種類があります。日常的に深く刻まれているシワであれば、肌の奥から持ち上げてふっくらとさせるためのヒアルロン酸注射が効果的ですが、表情を変えた時にだけできるシワもあります。親しい人とおしゃべりをしていると思っていた以上に大笑いをして顔がしわくちゃということにもなりかねませんが、このように顔を動かした時に深く出るシワに対してはボトックスが大きな効果を発揮します。喜怒哀楽によって表情が変わる眉間や目じり、口角やほうれい線などにボトックスを注射で入れるだけの手軽さがあります。症状に応じて量の調整が行われますが、短時間で終了するので手間がかかりません。ダウンタイムもないことから家族や友人にも誰にも気づかれないうちにきれいな顔を作ることができます。しかし、半年程度かけて自然と皮膚に吸収されてしまうことから半年ごとに施術を受け続ける必要があります。

シワ以外にも効果的

ボトックスは、シワの他にも小顔施術にも利用されています。エラ張りで悩んでいる人の中には、奥歯の噛みしめや歯ぎしりなどでエラの筋肉が発達していることも多いものです。そこで、エラに注入することで筋肉が減って一回り小さな顔に見せることができます。また、運動をしている人になれば筋肉が発達をして二の腕やふくらはぎが筋肉質で太いということもあります。そんな場合にも、ボトックスで筋肉を落としてすっきりとした手足にすることができます。他にも、脇の多汗症で悩みを抱えている人にも多く利用されています。ボトックスは、筋肉を弱らせるという働きの他にも神経の伝達を制御する働きも持っています。汗の分泌をコントロールする神経に対してブロックをすることができるため、汗をかくことがないのでにおいに対する悩みも解決することができます。同様に、神経伝達物質を遮断することで花粉症の人にも効果を発揮します。鼻の粘膜の神経にボトックスを作用させることで、鼻水の分泌を止めて花粉症を軽減させることができます。注射ではなく、鼻腔に薬液を点鼻するだけなので痛みもなく手軽であり、早い人であればその日のうちから花粉症の症状がおさまる人もいます。