ボトックス注入で蘇るあの頃の私|ツヤ肌で若さチャージ

女性

小顔治療の方法

注射を用いる方法

悩み

体に比べて顔だけが大きくなってしまっている人がたまにいます。整ったキレイな顔立ちをしていたとしても、全身を眺めた時にとてもアンバランスな印象になってしまうため、悩んでしまう人が少なくありません。顔が大きすぎるという問題を根本的に解決するためには、美容外科クリニックで顔の骨を削る小顔手術を受けるのが一番です。皮膚をメスで切るだけでなく、その下にある骨まで削る必要がありますので、かなり大掛かりな手術になります。しかし、この方法を利用すれば確実に顔を小さくすることができます。ですが、体がとても大きなダメージを受けるというデメリットがあるため、なかなか手術を受ける決心をつけられない人が多いです。金銭的にも時間的にもあまり余裕がなく、骨を削る小顔手術を受けることはできないという人におすすめすることができるのが、ボトックス注射を用いた小顔治療です。個人差がありますので一概に言い切ることはできませんが、ボトックス注射を顔の両側のエラの部分に打つだけで、顔がほっそりとして小顔に見えるようになります。エラの部分の筋肉が発達しすぎているせいで顔が大きくなってしまっている人が、案外たくさんいます。でも、ボトックス注射には筋肉を細くする効果があるため、エラのハリが改善されます。この方法であれば気軽に利用することができますので、骨を削る小顔手術を受けようかどうしようかと迷っている人は、まずボトックス注射を試してみるようにした方がよいです。

注射の効果

ボトックス注射は、顔にできている表情ジワを消す治療で用いられることが多いですが、最近では小顔治療やふくらはぎの痩身治療で使用されるケースが増えてきています。ボトックス注射に使われる薬剤は、ボツリヌスA毒素菌から抽出した有効成分を無毒化したものです。ボツリヌス菌といえば重症の食中毒症状を引き起こす細菌として知られていますから、そのような危険な細菌から作った薬を使用して大丈夫なのかと心配する人が少なくありません。でも、ボツリヌス菌をそのまま用いるのではなく、筋肉を弛緩させる成分だけを抽出して使用するので、何も心配する必要はありません。今「筋肉を弛緩させる」と書きましたが、脳から発せられた筋肉を収縮しろという命令を伝えにくくする効果がボトックス注射にはあります。人間は、体を動かす際に、いちいちどの部分の筋肉を収縮させようかと意識しながら動いているわけではありません。ある動作をする際に必要となる信号が脳から自動的に発せられ、その通りに体が動く仕組みになっています。自分で意識して筋肉を使っているわけではありませんから、意識的に特定の筋肉だけを使わないようにするのは不可能です。でも、ボトックス注射を打つと、その部位にだけ脳からの信号が正常に伝わらなくなるため、脳から信号が出されても筋肉が収縮しなくなります。使われない筋肉はドンドン衰えていきますので、結果的に顔が細くなるというメカニズムになっています。